2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月4日(土) 公式予選
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
WT2_9951.JPG

今シーズンのSUPER GTで唯一の海外ラウンドとなる第7戦タイの公式予選が行われ、地元タイのチームでミシュランタイヤを使用するi-mobile-AASのNo.99 ポルシェ911 GT3R(V.インタラプバサク/A.インペラトーリ)が前日の練習走行に続いてトップタイムをマーク。スポット参戦ながらも堂々のポールポジションを獲得しました。

一方、GT300クラスにシリーズ参戦する唯一ミシュランユーザーであるNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)は、Q1(予選第1セッション)を4位で通過し、Q2(予選第2セッション)では2番手タイムを記録しましたが、予選後の再車検において左フロントタイヤ後方のフロアパネルが何らかの原因により規定の車高を下回る位置にまで下がっていたことが判明。同車の予選タイムはすべて抹消となり、明日の決勝レースは最後尾からスタートすることとなりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月3日(金) 練習走行
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
OM313919.JPG

SUPER GTで今シーズン唯一の海外ラウンドとなる第7戦タイのレースウィークがスタート。SUPER GT初開催のサーキットということで今回特別に2時間の練習走行が10月3日(金)に行われました。すべての出場ドライバーにとって同サーキットを走るのはこれが初めてのことでしたが、このセッションにおいてNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)がトップタイムをマーク。No.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が3番手タイムを記録し、ミシュランタイヤを履く2台の日産GT-Rが明らかな速さを印象づける結果となりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月3日(金) 練習走行
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
WT1_0615.JPG

昨年までマレーシアで催されてきたSUPER GT唯一の海外ラウンドの舞台が変わり、今年はタイでの開催となりました。そして今回は特別に2時間の練習走行がレースウィークの金曜日に実施され、地元チームであるi-mobile-AASから出場のNo.99 ポルシェ911 GT3R(V.インタラプバサク/A.インペラトーリ)が最速タイムを記録。これに続く2番手タイムをNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)が刻み、ミシュランタイヤ装着車がトップ2を独占することに。GT500クラスのトップタイムもミシュランユーザーのNo.46 S Road MOLA GT-Rが記録しており、SUPER GT初開催となったタイのレースウィーク初日はミシュランタイヤがそのパフォーマンスの高さを見せつけるような展開となりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第6戦

第43回 インターナショナル 鈴鹿1000km

8月31日(日) 決勝レース
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km
入場者数:予選日 25,000人/決勝日 36,000人(主催者発表)
WT2_4833.JPG

通常のシリーズ戦の3倍を超えるレース距離で争われたSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmの決勝レースが開催され、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを使用するR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORTは同クラスのセカンドロウからスタートしましたが、見込んでいたほどのペースで走行することができず苦しい戦いを余儀なくされました。それでも佐々木孝太と井口卓人のコンビは、何台もの車両がトラブルやアクシデントに見舞われて戦列を去っていった長丁場のレースを粘り強く戦い抜き、最終的には9位でフィニッシュ。貴重な3ポイントを獲得しました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第6戦

第43回 インターナショナル 鈴鹿1000km

8月31日(日) 決勝レース
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km
入場者数:予選日25,000人/決勝日 36,000人(主催者発表)

1966年から毎年夏に鈴鹿サーキットで行われ、今年で43回目の開催となった伝統の「鈴鹿1000km」の決勝レースが行われ、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)がGT500クラスで2番目に重い84kg相当のウェイトハンデを抱えながらも2位でフィニッシュ。ドライバーズポイントランキングで上に立っていた2台が今回そろって少ないポイントしか獲得できずに終わったこともあり、松田とクインタレッリのコンビは一躍ランキングトップに浮上しました。

また、3位にはウイダー モデューロ 童夢レーシングのNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が入り、ミシュラン勢が表彰台の3つのスポットのうち2つを占めて地力の高さを示しました。

なお、MOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は4位につけて上位進出をうかがっていたレース序盤にエンジントラブルに見舞われ、好走が期待されていた今大会でしたが失意の一戦となりました。

2014R6_F_01.JPG