2012年3月17日 【セブリング12時間】

ミシュラン装着車が記念すべきWEC初戦を制す

2012年WEC(世界耐久選手権)/ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)開幕戦セブリング12時間

■2012年3月16〜17日

■セブリング・インターナショナル・レースウェイ(アメリカ・フロリダ州):全長6.017km

 

 今年、新たに設立されたWEC(世界耐久選手権)とALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)の双方の開幕戦となるセブリング12時間が開催され、ミシュランタイヤを使用するアウディ・スポーツ・チーム・ヨーストのNo.2アウディR18 TDI(A.マクニシュ/T.クリステンセン/R.カペッロ)が総合優勝、新生WECの最初のウィナーとなりました。

 今大会のエントリー総数は64台で、うち30台がWEC登録車両という構成。その内訳は、LM P1クラス9台、LM P2クラス9台、LM GTE Proクラス5 台、LM GTE Amクラス7台というものでした。

  • 1