2015WECFIA世界耐久選手権)第7戦 上海6時間

■予選:10月31日(土)/決勝:11月1日(日)

■上海インターナショナル・サーキット(中国):全長5.451km

  

3週間前の富士6時間に続くWECのアジア開催ラウンドとなったシリーズ第7戦上海6時間は、富士に続いて雨に見舞われたレースとなり、ポルシェ勢とアウディ勢が順位を入れ替え合う接戦となりました。このレースを制したのはNo.17 ポルシェ 919ハイブリッドで、同車をドライブしたティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ブレンドン・ハートレーのトリオは4連勝を達成。そしてロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リーブ組のNo.18 ポルシェ 919ハイブリッドが2位に。この結果、WECフル参戦2シーズン目であるポルシェが今シーズンのFIA世界耐久マニュファクチャラー選手権タイトルを獲得しました。

MICHELIN_2015_Endurance_WEC_07_Shanghai_01.jpg

  • 1