2015WECFIA世界耐久選手権)第5戦 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間

■予選:9月18日(金)/決勝:9月19日(土)

■サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(アメリカ合衆国):全長5.513km

  

WECでは今シーズン初のヨーロッパ圏外ラウンドとなったシリーズ第5戦がアメリカはテキサス州オースティン近郊のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催され、トップを走っていたポルシェ・チームのNo.18 ポルシェ 919ハイブリッドが電気系トラブルのためにチェッカーまで残り30分というところでピットインを余儀なくされ、チームメイトのNo.17 ポルシェ 919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ブレンドン・ハートレー)が繰り上がって優勝。同車は前戦ニュルブルクリンク6時間に続いての勝利を、そしてポルシェは今季3勝目を飾る結果となりました。

MICHELIN_2015_Endurance_WEC_05_COTA_01.jpg

2015WECFIA世界耐久選手権)第4戦 ニュルブルクリンク6時間

■予選:8月29日(土)/決勝:8月30日(日)

■ニュルブルクリンク・サーキット(ドイツ):全長5.148km

  

前戦のル・マン24時間から10週間のインターバルを経て、WEC第4戦がドイツのニュルブルクリンクで開催されました。晴天に恵まれ、気温が30℃近くまで上がった中でスタートした6時間レースは、ポルシェ・チームのNo.17 ポルシェ 919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ブレンドン・ハートレー)が優勝を飾り、2位にもチームメイトのNo.18 ポルシェ 919ハイブリッド(ロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リーブ)が入って、ル・マン24時間に続いてポルシェが1-2フィニッシュを遂げる結果となりました。

MICHELIN_2015_Endurance_WEC_04_Nurburgring_01.jpg

  • 1