2015WECFIA世界耐久選手権)第8戦(最終戦) バーレーン6時間

■予選:11月20日(金)/決勝:11月21日(土)

■バーレーン・インターナショナル・サーキット(バーレーン):全長5.412km

  

耐久レースの世界最高峰シリーズであるWECの最終戦が中東のバーレーンで行われ、頂点のFIA世界耐久ドライバー選手権のチャンピオンをかけた戦いが目まぐるしく繰り広げられました。ポイントランキングトップでこのレースを迎えたNo.17 ポルシェ 919ハイブリッドは2つの重大なトラブルに見舞われて下位に沈むことになり、No.7 アウディ R18 e-tronクワトロの逆転チャンピオン獲得の可能性がにわかに膨らみました。しかし、レース中盤以降はポルシェ・チームのもう一台、No.18 ポルシェ 919ハイブリッド(ロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リーブ)が速さを見せて優勝を飾り、No.7 アウディは2位でのフィニッシュとなりました。これにより、今大会は5位に終わったNo.17 ポルシェのティモ・ベルンハルト/マーク・ウェバー/ブレンドン・ハートレーのトリオがNo.7 アウディのマルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエのトリオを5ポイント差で抑えてFIA世界耐久ドライバー選手権タイトルを獲得しました。

MICHELIN_2015_Endurance_WEC_08_Bahrain_report_01.jpgMICHELIN_2015_Endurance_WEC_08_Bahrain_report_02.jpg

  • 1