2013年6月23日 【第7戦 ラリー・イタリア: レポート】

オジェが今季4勝目をマーク! 新鋭ヌービルが2戦連続表彰台を獲得

 シーズン5戦目のグラベルイベントとして開催された2013年WRC第7戦ラリー・イタリア・サルディニアはフォルクスワーゲン・モータースポーツのセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が優勝を飾って今季4勝目をマーク。また、カタール・Mスポーツ・ワールドラリーチームのティエリー・ヌービルが2位に入り、前戦アクロポリス・ラリーに続いて表彰台に上りました。

MICHELIN_2013_WRC_07_Italy-Sardinia_report_0001.jpg

2013年6月20日 【第7戦 ラリー・イタリア: プレビュー】

WRC初開催から10年目のサルディニアは短くも長い(!?)2日間決戦

■スタート:6月21日(金) ■フィニッシュ:6月22日(土)
■スペシャルステージ:全16カ所=計304.50km ■総走行距離:1073.35km ■ステージ路面:グラベル
 

 WRCのイタリア大会となって10年目となる今年のラリー・イタリア・サルディニアは、通常より1日少ない2日間ですべてのスペシャルステージをこなすという短期決戦的なプログラムで開催されます。もっとも、スペシャルステージの総数や合計距離は標準的。つまりその分、ラリー本番が行われる金曜と土曜はとにかく慌ただしく、そして長い一日となるスケジュールが組まれているのです。

MICHELIN_2013_WRC_07_Italy-Sardinia_preview_0001.jpg

※写真は2012年大会

2013年6月 6日 【第6戦 アクロポリス・ラリー: レポート】

ラトバラVW移籍後初優勝! 過酷な一戦でミシュランタイヤがまたも真価を発揮

 2013年WRC第6戦アクロポリス・ラリーは、昨年まで長年在籍したフォード・Mスポーツを離れて今年からフォルクスワーゲン・モータースポーツで戦っているヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)がチーム移籍後初の優勝を果たしました。また、ミシュランが今大会に投入したハードコンパウンドのグラベル用WRC公式タイヤ「ミシュラン・ラティテュード・クロスH2」(サイズ:17/65-15 [ISO/JIS表示205/65R15])は今シーズンのWRCイベントの中で最も過酷な条件での使用にもしっかり耐え抜き、ミシュランの高度な技術力をまたも見せつけるラリーとなりました。

MICHELIN_2013_WRC_06_Acropolis_report_0001.jpg

  • 1