2014年1月20日 【第1戦 ラリー・モンテカルロ: レポート】

新王者オジェ強し。圧巻の逆転劇で開幕戦モンテカルロを制す

今年で通算82回目の開催となった伝統のラリー・モンテカルロは、デイ1の前半で大きな遅れを取ったところから一気に巻き返してみせた前年王者のセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が優勝。2位には非ワークス参戦のブライアン・ブフィエ(フォード・フィエスタRS WRC)、3位にはシトロエンワークスから今年初めてWRCフル参戦を果たすことになったクリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)が入りました。

MICHELIN_2014_WRC_01_Monte Carlo_report_0001.jpg

2014年WRC(FIA世界ラリー選手権)第1戦ラリー・モンテカルロ

スタート:1月16日(木)/フィニッシュ:1月18日(土)
スペシャルステージ:全15カ所=計383.88km/総走行距離:1396.76km
ステージ路面:アスファルト舗装あるいは雪・氷
 
 

前年シーズンの最終戦の終了から約2カ月のインターバルを置いて、WRCの新シーズンは早くも始動。全13戦の開催が予定されている2014年のWRCは例年同様にラリー・モンテカルロで開幕します。そして、このWRCにおいて公式タイヤサプライヤーという重要な役割を2011年から務めているミシュランは、今年のマニュファクチャラー選手権に参加登録し、最高峰のワールドラリーカーを使って参戦するすべてのワークスチームにタイヤを供給。彼らミシュラン・パートナーチームの戦いを全力でサポートしてまいります。

MICHELIN_2014_WRC_01_Monte Carlo_preview_0001.jpg

  • 1