今シーズン最初のグラベルイベントとして開催されたWRC第3戦ラリー・メキシコは、ディフェンディングチャンピオンであるセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が圧勝。ヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が2位に入り、前戦のラリー・スウェーデンに続いてフォルクスワーゲン勢が1-2フィニッシュを果たしました。また、昨年のランキング2位であるティエリー・ヌービルがデビューから3戦目を数えたばかりのヒュンダイi20 WRCで3位に食い込み、ヒュンダイにWRCで初めての表彰台をもたらしました。

MICHELIN_2014_WRC_03_Mexico_report_0001.jpg

2014年WRC(FIA世界ラリー選手権)第3戦ラリー・メキシコ

スタート:3月6日(木)/フィニッシュ:3月9日(日)
スペシャルステージ:全21カ所=計399.93km/総走行距離:1038.19km
ステージ路面:グラベル
 
 

今シーズン最初のグラベルイベントとなるラリー・メキシコ。大半のスペシャルステージが海抜2000mを超える標高のもとに設けられることに加えて、WRC開催10回目の記念大会となる今回は40kmを超えるロングステージが5本も設定され、クルーにとってもラリーカーにとっても、そしてタイヤにとっても、ひときわタフな一戦となります。

MICHELIN_2014_WRC_03_Mexico_preview_0001.jpg

※写真は2013年大会

  • 1