シーズン2戦目のグラベルイベントであるWRC第4戦ラリー・ポルトガルはフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)がデイ2前半のうちに首位の座を固めると、最終的には2位に43.2秒差をつけて優勝。早くもシーズン3勝目をマークしました。2位にはMスポーツ・フォードのミッコ・ヒルボネン(フォード・フィエスタRS WRC)が入り、今季これまでの自己ベストリザルトを記録。3位にはシトロエンのマッズ・オストベルグ(シトロエンDS3 WRC)が入りました。

MICHELIN_2014_WRC_04_Portugal_report_0001.jpg

2014年4月 3日 【第4戦 ラリー・ポルトガル: プレビュー】

トリッキーでタイヤに極めて過酷な今季初のヨーロッパ開催グラベルイベント

2014年WRC(FIA世界ラリー選手権)第4戦ラリー・ポルトガル

スタート:4月3日(木)/フィニッシュ:4月6日(日)
スペシャルステージ:全16カ所=計339.46km/総走行距離:1404.55km
ステージ路面:グラベル
 
 

ヨーロッパ屈指のリゾート地であるポルトガルのアルガルベ地方で開催されるWRC第4戦ラリー・ポルトガル。美しい景色とは裏腹に、実は最も攻略が難しいグラベルラリーのひとつであるのが、イベリア半島の西南端で行われるこのラリーの実態です。

MICHELIN_2014_WRC_04_Portugal_preview_0001.jpg

※写真は2013年大会

  • 1