【Basics】

2015年2月13日

WRCとは?

主に一般公道の交通を一時的に閉鎖して作り出される「スペシャルステージ」と呼ばれる競技区間において1台ずつの車両によるタイムトライアルを繰り返し行い、その合計タイムの短さ(すなわち速さ)を競うスプリントラリー競技。その最高峰の選手権シリーズがWRC(FIA世界ラリー選手権)です。

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_01.jpg

  

2015年のWRCは世界13カ国で開催される13のラリーからシリーズが構成されています。最も多いのは未舗装路でのグラベルラリーですが、アスファルト舗装のラリーや、すべてのスペシャルステージが雪路に設けられるラリー・スウェーデンなど、様々な路面のラリーがあり、シーズンを通して戦って上位の成績を目指すためには高い総合力が要求されます。

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_02.jpg

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_03.jpg  

WRCには様々なカテゴリーの車両が参加しますが、その頂点に立つのは「ワールドラリーカー」と呼ばれる車両です。大量生産されている市販車のボディに大掛かりな加工が施されて車体剛性や強度が高められており、それにやはり大量生産エンジンをベースにしながら高度なチューニングが施された排気量1.6ℓのターボ過給ガソリンエンジンと競技専用設計のフルタイム4WDシステムが搭載されています。

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_04.jpg

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_05.jpg  

FIA(国際自動車連盟)が統括する選手権シリーズでワールドラリーカーの出場が認められているのはWRCだけであり、そのワールドラリーカーを開発しホモロゲーション(車両公認)を取得できるのは自動車メーカーだけにかぎられます。

そして、WRCの総合のマニュファクチャラー選手権に参加するためにはワールドラリーカーを使用しなければならないことになっており、2015年シーズンにおいてはフォルクスワーゲン、シトロエン、フォード(Mスポーツ)、ヒュンダイという4つの自動車メーカーがそれぞれ独自のワールドラリーカーを擁して参戦しています。

  

ワールドラリーカーをはじめWRCに出場する上位カテゴリーの車両が使用できるタイヤはFIAにより公式サプライヤーとして認定されたタイヤメーカーの品のみとされています。

2015年の場合、WRCの公式タイヤサプライヤーを務めるタイヤメーカーは4社あり、そのひとつがミシュランです。もっとも、ワールドラリーカーを走らせる自動車メーカーのワークスチームはすべてミシュランを選択してシリーズに臨んでいます。

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_06.jpg

MICHELIN_2015_WRC_Basics_whats-wrc_07.jpg

2014年WRCチャンピオンドライバーのセバスチャン・オジェ(写真右)とコ・ドライバーのジュリアン・イングラシア