2015年WRC(FIA世界ラリー選手権)第9戦ラリー・ドイツ

■スタート:8月21日(金)/フィニッシュ:8月23日(日)
■スペシャルステージ:21本(374.43km)/総走行距離:1397.50km
■ステージ路面:アスファルト/コンクリート

  

WRCでは今季初の全面舗装路イベントとして開催された第9戦ラリー・ドイツはセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が圧倒的な強さで終始優勢に戦ってシーズン6勝目をマーク。2位と3位にはチームメイトのヤリ‐マティ・ラトバラとアンドレアス・ミケルセンが入り、フォルクスワーゲン勢の1-2-3フィニッシュとなりました。

そして今大会からミシュランが投入した新型アスファルト用WRC公式タイヤ「ミシュラン パイロットスポーツ H5」/「S5」は全域にわたって従来型を上回る高いパフォーマンスを安定的に発揮し、各ユーザーからの高評を得てそのデビュー戦を終えました。

MICHELIN_2015_WRC_09_Germany_report_01.jpgMICHELIN_2015_WRC_09_Germany_report_02.jpg

2015年WRC(FIA世界ラリー選手権)第9戦ラリー・ドイツ プレビュー

グラベルラリー6連戦を消化したWRCは、今シーズンにおいて初めて、すべてのスペシャルステージが舗装路に設けられるイベントを迎えます。そしてこの一戦でミシュランは、従来品をさらに改良した新型アスファルト用WRC公式タイヤ「ミシュラン パイロットスポーツ H5」(ハードコンパウンド)および「ミシュラン パイロットスポーツ S5」(ソフトコンパウンド)をデビューさせます。

MICHELIN_2015_WRC_09_Germany_preview_01.jpg※写真は2014年大会

  • 1