2015年WRC(FIA世界ラリー選手権)第10戦ラリー・オーストラリア

■スタート:9月11日(金)/フィニッシュ:9月13日(日)
■スペシャルステージ:17本(311.36km)/総走行距離:1023.70km
■ステージ路面:グラベル

  

今シーズンのWRCで最後のヨーロッパ圏外でのラウンドとなる第10戦ラリー・オーストラリアが開催され、フォルクスワーゲン・モータースポーツのセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)がこれを制して今季7勝目をマーク。これによりオジェは、この先にまだ3戦を残す段階で3年連続・3度目のWRCチャンピオン獲得を決めました。同時に、オジェとコンビを組むジュリアン・イングラシアのコ・ドライバーズチャンピオン獲得、ならびにフォルクスワーゲンのマニュファクチャラーズタイトル3連覇も決定しました。

MICHELIN_2015_WRC_10_Australia_report_01.jpg

2015年WRC(FIA世界ラリー選手権)第10戦ラリー・オーストラリア プレビュー

シドニーとブリスベンのほぼ中間に位置するオーストラリア大陸東岸のコフス・コースト。その一帯の未舗装路にスペシャルステージを設けて行われるラリー・オーストラリアは、今シーズン唯一のアジア・パシフィック地域でのWRCイベントであり、主な出場チームが拠点を置くヨーロッパからすれば今シーズン最後の"遠征試合"となります。

MICHELIN_2015_WRC_10_Australia_preview_01.jpg※写真は2014年大会

  • 1