2015年WRC(FIA世界ラリー選手権)第12戦 ラリー・スペイン

■スタート:10月22日(木)/フィニッシュ:10月25日(日)
■スペシャルステージ:23本(331.25km)/総走行距離:1280.72km
■ステージ路面:グラベル/アスファルト

  

グラベルとアスファルト──今年もラリー・スペインはタイプがまったく異なる路面のスペシャルステージを一戦のうちにこなすミックスサーフェイスイベントとして開催されました。この特殊なラリーの大半を支配したのは今シーズンのドライバーズタイトルをすでに決めているセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)でしたが、後続に50秒を超えるリードを築いて迎えた最終ステージでクラッシュを喫してリタイアしてしまうという事態に。これにより、最後の最後で順位が繰り上がることになったアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)がキャリア初となるWRC総合優勝を飾りました。

MICHELIN_2015_WRC_12_Spain_report_01.jpg

2015年WRC(FIA世界ラリー選手権)第12戦ラリー・スペイン プレビュー

「ラリー・カタルニア」の名で知られるWRCのスペイン大会では、未舗装のグラベル路におけるスペシャルステージとアスファルト舗装のステージの双方がひとつのラリーの中で実施されます。こうしたミックスサーフェイスイベントとして開催されるラリーは、今シーズンのWRCでは今大会のみ。この特殊な一戦にミシュランは、グラベル用の「ミシュラン LTXフォース H4」/「S4」とアスファルト用の「ミシュラン パイロットスポーツ H5」/「S5」の双方を用意し、各パートナーチームの戦いを支えます。

MICHELIN_2015_WRC_12_Spain_preview_01.jpg※写真は2014年大会

  • 1