日本ミシュランタイヤ タイヤに関する注意点

1. タイヤ、チューブ等の選定

  • ●自動車製作者が指定した標準タイヤ又はオプションタイヤの使用を基本とし、その他のタイヤを選定される時はタイヤ販売店等にご相談ください。
  • ●全車輪とも、同一のサイズ、種類、構造、タイプ※のタイヤを使用してください。
    但し、自動車製作者又はタイヤ製作者による個別の指示がある場合はその指示に従ってください。
    ※タイプとは夏用タイヤ、冬用タイヤ等をいう。
  • ●チューブ、フラップは、タイヤサイズと同一サイズ表示のあるもので、バルブは車両及びホイールに適合するものを使用してください。
  • ●新品のチューブタイプのタイヤには、新品のチューブ、フラップを使用してください。
  • ●ホイールの選定はタイヤ販売店等に相談しタイヤサイズ及び車両に適合したホイールを使用してください。

警告

  • ●サイズ、種類、構造、タイプの異なるタイヤを同一車軸に使用すると、タイヤ性能が異なるため、事故に繋がるおそれがあるので混用しないでください。
    (応急用タイヤは除きます。)
  • ●リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷したり、事故に繋がるおそれがあるので、使用しないでください。
    但し、「REGROOVABLE」表示のあるタイヤで、規定された方法で加工されたものは除く。

2. 適正使用と日常点検

  • ●自動車製作者の指定空気圧は車両の取扱い説明書、ドア付近等に表示されています。不明の場合はタイヤ販売店等にご相談ください。
  • ●特に偏平タイヤの空気圧不足は、見た目にわかりづらい為、必ずエアゲージによる点検をしてください。
  • ●タイヤに、亀裂がないか又は釘、金属片、ガラス等が刺さっていたり、溝に石その他異物が噛み込んでいないか確認してください。異物を発見した時は、タイヤ販売店等にご相談の上取り除いてください。
  • ●高速道路を走行する場合は、タイヤの残り溝深さは次表以上であることを確認してください。
    タイヤの残り溝深さ
  • ●タイヤは自動車の安全にとって重要な役割を担っています。
    一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。
    従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。
    また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。
    また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年(注)経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。
    なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。
    《注:ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期限(すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期)を示すものではありません。
    従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。
    10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。
    また、この10年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨め時期である使用開始後5年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものでもありません》
    注)上記は乗用車用タイヤ、小形トラック用タイヤに適用。
  • ●複輪タイヤの場合は、外径差が次表の許容範囲内であることを確認してください。
    外径差の許容範囲
    (注) 9.00(相当サイズ)以上とはメトリック表示では255以上、8.25(相当サイズ)以下とはメトリック表示では245以下とする。
  • ●スペアタイヤの空気圧は、定期的(最低1ヶ月に1度)に点検し、自動車製作者が指定した値に調節してお使いください。
  • ●タイヤの位置交換は、車両の使用条件に合わせて、スペアタイヤも含め適正な方法で定期的におこなってください。
    (但し、Tタイプ応急用タイヤは除く。)
  • ●タイヤサイド部に回転方向又は取付け方法等の指定があるタイヤは、その指定通りに正しく装着してください。
  • ●安全走行を確保するためタイヤ点検時に合わせて、リムバルブも劣化・亀裂が無いことを点検してください。リムバルブに劣化・亀裂がある場合はタイヤ販売店等にご相談ください。また、バルブキャップがついているかどうかも確認してください。
  • ●ホイールには亀裂、変形等の損傷や著しい腐食がないことを確認してください。
  • ●瞬間パンク修理剤又はタイヤつやだし剤等で、タイヤに劣化等有害な影響を及ぼすものは使用しないでください。
  • ●応急用タイヤ、パンク応急修理用具で修理したタイヤ及びランフラットタイヤのパンク時の使用に関しては、自動車製作者の指定に従ってください。

危険

  • ●コードに達している外傷・ゴム割れのあるタイヤは使用しないでください。タイヤ損傷発生に繋がるおそれがあります。修理可能か否かについては、タイヤ販売店等にご相談ください。

警告

  • ●タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、エアゲージにより定期的(最低1ヶ月に1度)に点検し、自動車製作者の指定空気圧に調整してください。
  • ●タイヤの溝深さの使用限度は残り溝1.6mmです。それ以前に新品タイヤと交換してください。
  • ●積雪及び凍結路走行の場合は、冬用タイヤの残り溝が新品時の50%以上あることを確認してください。使用限度は接地部に冬用タイヤの摩耗限度を示すプラットホームが露出しているか否かで判断してください。溝深さが50%未満のタイヤは、冬用タイヤとしては使用できません。
  • ●タイヤ損傷に繋がるおそれがあるので、車両に指定された積載量、定員を超えて使用しないでください。

3. 運転時の遵守事項

  • ●新品タイヤの装着時にはタイヤが慣れるまで、慣らし走行をおこなってください。
    (乗用車:80km/h以下で100km以上、小型トラック:60km/h以下で200km以上)
  • ●走行中は、常に走行速度に応じた車間距離を確保してください。特に湿潤路、積雪路及び凍結路走行時は充分な車間距離を確保してください。
  • ●タイヤのタイプやサイズを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、慣れるまでは走行速度等に注意して運転してください。
  • ●タイヤの制動性能は、車両の走行速度、路面状況、タイヤ溝の摩耗量及びタイプ(夏用タイヤ、冬用タイヤ等)により異なります。
    冬用タイヤは積雪路及び凍結路面性能を重視しています。特に、乾燥路及び湿潤路で使用する場合は、実際の交通(速度)規制に従い、走行速度に注意し、急発進、急制動、急旋回を避け、安全運転に心がけてください。

警告

  • ●タイヤを傷つけるおそれがあるので、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の凹みや突起物乗り越しなどは避けてください。
  • ●急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けてください。
    特に、湿潤路、積雪路及び凍結路は滑りやすく、事故に繋がるおそれがあるため、急カーブでは減速するなど、道路状況に応じた適切な運転をしてください。
  • ●走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、すみやかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤを点検してください。タイヤに変形等異常がないか確認してください。
    また、外観上、異常がなくても、できる限り低速で移動し、タイヤ販売店等へ点検を依頼してください。

4. タイヤチェーン

  • ●タイヤチェーンは、タイヤサイズに適合するサイズのものを駆動輪又は自動車製作者が指定する位置のタイヤに装着してください。
  • ●タイヤにチェーンを装着して積雪又は凍結していない道路を走行すると、タイヤ、タイヤチェーン及び車両を損傷したり、スリップするおそれがあるので、避けてください。
  • ●タイヤチェーンを装着した場合は、次表の速度で走行してください。
    タイヤチェーン

5. リム組み時の注意事項

  • ●ビードシーティング圧以内の空気を注入し、タイヤの両側のビードがリムのシート部に周上均等にのっていることを確認した後、使用空気圧に充てん又は調整してください。
    (均等にのっていない場合は一旦空気を抜き、タイヤをリムから外してタイヤ、リム等に異常が無い事を確認し、ビード及びリムに潤滑剤を再度塗布する)

警告

  • ●エアコンプレッサーの調節弁は、タイヤ破裂の危険があるので、タイヤの使用空気圧に応じ、次表により正しく調整してください。
    エアコンプレッサー調節弁の最高調整空気圧
  • ●自動車用タイヤの組立て時のビードシーティング圧は、300kPa(3.0kgf/c㎡)とし、これを超える圧は注入しないでください。
    ビードシーティングとは、タイヤ組立て時に、タイヤの両側のビードがリムのビードシート部に周上均等にのった状態(ハンプ付リムは、ビードがハンプを越えた状態)をいいます。
    Tタイプ・折りたたみ式応急用タイヤ、ランフラットタイヤ、その他製造業者の指定がある場合は、それに従ってください。
  • ●空気を充てん後、バルブキャップを取りつける前に、バルブコアからの空気漏れ、リム部やバルブまわりからの空気漏れがないことを確認した後、必ずバルブキャップを装着し、しっかり締め付けてください。

危険

  • ●破裂の危険を避けるため、タイヤを安全囲いの中に入れる等、安全措置を講じた上、空気を充てんしてください。
  • ●空気充てん時又は充てん後タイヤサイドウォール部からの異音が聞こえたら、ただちに作業を中止し、避難すること。

6. タイヤの保管

  • ●タイヤ、チューブは、直射日光、雨及び水、油類、ストーブ類の熱源及び電気火花の出る装置に近い場所などを避けて保管してください。

7. 一般知識

  • ●タイヤの呼び
    「タイヤの断面幅、偏平率、構造、リム径、ロードインデックス、速度記号(含む、数字又は記号の意味)」

一般知識

  • ●製造年週
    2000年以降の製造番号では、下4桁(例1213)の数字で製造年週を示しています。最初の数字12は週(12週目)を、最後の数字13は年(2013年)を示します。
    1999年以前の製造番号では、下3桁(例159)の数字で製造年週を示しています。最初の数字15は週(15週目)を、最後の数字9は年(1999年)を示します。

8. 速度記号の見方

速度記号の見方

9. ロードインデックス(荷重指数)の見方 LI:ロードインデックス

ロードインデックス(荷重指数)の見方

10. タイヤの苦情検査

  • ●検査のお申し出は、ご購入された販売店にお申し付けください。
  • ●サイト掲載のタイヤ、国産車及び正規輸入車に標準装着されたタイヤ、弊社にて輸入された製品以外のPL苦情は補償致しません。

11. その他

  • ●使用済みタイヤを処理するためには費用がかかっております。
  • ●当サイトに記載されている構造、仕様などは予告なく変更する場合があります。
  • ●ブレーキテスター使用上の注意!
    ブレーキテスターで制動力のチェック中にタイヤがロックした場合、タイヤトレッド部のゴム欠け等の損傷に至る場合が有ります。
    タイヤの損傷リスクを軽減するために、タイヤがロックした時はできるだけ早くロックを解除してください。
  • ●パンク修理について
    クギなどによる貫通傷(直径6mm以下)の修理は、タイヤトレッド部のみ修理が可能です。ショルダー部およびサイドウォール部で発生した場合、パンク修理はできません。
    またミシュランではタイヤ内面から軸付パッチでの修理を推奨しています。

タイヤの空気圧不足は危険です!

タイヤは、適正な空気圧(自動車メーカー指定空気圧)が保たれている状態で初めて、充分な性能を発揮します。
正しい空気圧管理は安全走行の基本です。
◎ご存知ですか?空気圧は自然に低下します。
空気圧が低下すると、タイヤが偏って摩耗するばかりか、損傷を起こしやすくなり、思わぬ事故の原因に繋がります。

【空気圧不足によるタイヤの損傷】

空気圧が不足するとタイヤの負荷能力が低下します。また、タイヤの動きが大きくなるために異常発熱し、コードやゴムが劣化して、次のような損傷や現象を起こしやすくなります。

  • 1.異常摩耗(片側や両肩部が摩耗しやすい)
  • 2.はく離(セパレーション)やコード切れ

【空気圧の点検・調整】

タイヤの空気圧を確認するときは、タイヤ販売店にて、エアゲージによる点検・調整をおこなってください。

  • ①空気圧は、走行前のタイヤが冷えているときに、自動車メーカーの指定する空気圧に調整してください。
  • ②走行中は、タイヤの発熱により空気圧が高くなりますが、高くなった分は絶対に抜かないでください。タイヤが冷えると空気圧は元に戻ります。
  • ③空気圧点検後は、バルブからの空気漏れを防ぐため、バルブ口に石鹸水などをつけて空気が漏れていないことを確認の上、必ずバルブキャップをつけてください。
  • ④特に、偏平タイヤの空気圧不足は、見た目には分かりづらいため、必ずエアゲージで点検してください。

【EXTRA LOAD/REINFORCED規格について】

空気圧及び負荷能力をスタンダード規格の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格のことです。この規格のタイヤサイズはスタンダード規格の同一サイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。なお、同一ロードインデックスの場合でも、その負荷能力を維持するためにはスタンダードロードに比べ高い空気圧が必要となります。

1. タイヤ・チューブ選定時のご注意

  • ●車両メーカーが指定した標準サイズのタイヤを使用してください。前輪と後輪でサイズ、パターンが異なる場合があります。前輪には前輪用タイヤを、後輪には後輪用タイヤを装着してください。
  • ●タイヤサイド部またはトレッド両端部に回転方向または取り付け方法等の指定があるタイヤは、その指定どおりに正しく装着してください。また、ホイールもデザインや機能上、回転方向が決まっている物もあります。十分に確認の上、タイヤの回転方向または取り付け方法等に合うように正しく装着してください。
  • ●新品のチューブタイプのタイヤを装着する時には、必ずタイヤサイズに適合したチューブを使用してください。
  • ●タイヤサイズに適合したサイズのホイールを使用してください。
    "TUBELESS ON TUBE TYPE RIM FIT A TUBE" と表示されたタイヤは、チューブレスタイプとして使用可能です。チューブタイプリムにはチューブを使用して装着してください。
  • ●タイヤとホイールを車両に装着したときは、車両と接触する恐れがないか確認してください。

警告

  • ●リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷や事故につながる恐れがあるので、使用しないでください。
  • ●新品のチューブタイプのタイヤには、新品のチューブを使用してください。
    新品のチューブレスタイプのタイヤを装着するときは、必ずチューブレス専用リム及びバルブを使用し、リムを含めた空気漏れの確認を行ってください。なお新品のチューブレスタイプのタイヤには、必ず新品のチューブレスバルブをご使用ください。

2. 適正使用と日常点検に関するご注意

  • ●タイヤは走行に関わる安全に重要な役割を担っています。そしてタイヤはゴムを含む様々な材料と成分で構成されています。 これらの部材の特性は時間を経るに従い変化し、タイヤの特性も変化していきます。タイヤの特性の変化は気候や保管状況、走行条件(負荷荷重・速度・使用空気圧)など、さまざまな使用環境に影響されるため、タイヤの使用期限を正確に予測することは困難です。それゆえ、タイヤの状態を点検することをお勧めいたします。
  • ●タイヤに、亀裂又は釘、金属片、ガラス等が刺さっていたり、溝に石その他異物を噛み込んでいたりしていないか確認してください。異物を発見した時は、タイヤ販売店にご相談の上適切な処置を講じてください。
  • ●安全走行を確保するためタイヤ点検時に合わせて、リムバルブも劣化・亀裂がないことを点検してください。リムバルブに劣化・亀裂がある場合は販売店にご相談ください。また、バルブキャップがついているかどうかも確認してください。
  • ●瞬間パンク修理剤又はタイヤつやだし剤等で、タイヤに劣化等有害な影響を及ぼす恐れのあるものは使用しないでください。
  • ●シリコンやワックス成分が含まれているタイヤ美化剤やリム組み潤滑剤を塗布する場合は、トレッド表面(接地部)に付着しないように注意してください。付着したまま走行すると転倒や事故に至る危険があります。

警告

  • ●タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、エアゲージにより 定期的(最低1 ヶ月に1 度)に点検し、車両メーカーの指定空気圧に調整してください。空気圧に過不足があると、タイヤの損傷や、事故につながる恐れがあります。
  • ●低温下におけるタイヤの取り扱いについて:レースを前提としているロード用高性能タイヤ(パワーカップ・スリック・スーパーモタード用スリック)は、低温下においてタイヤに衝撃を加えたり、変形させたりすることでトレッドにクラック(ひび割れ)が生じる恐れがあります。低温下でのタイヤの保管や取り扱いには十分に注意をしてください。
  • ●モーターサイクル用タイヤの溝深さの使用限度は残り溝0.8mmです。
    それ以前に新品タイヤと交換してください。

危険

  • ●コードに達している外傷・ゴム割れのあるタイヤは使用しないでください。
    タイヤ故障発生につながる恐れがあります。修理可能か否かについては、タイヤ販売店にご相談ください。

3. タイヤの保管について

  • ●湿気、温度、光(紫外線)や燃料を含む化学薬品の付着、オゾンを発生させる変圧器や電流を発生させる機器などがタイヤの劣化や変質を促進していきますので、タイヤの保管は正しく行なってください。
  • ●湿気:風通しがよく気温と湿度の低い屋内に保管してください。屋外で保管する場合は、タイヤを不透明で密着い湿気を避けて保管してください。
  • ●紫外線:太陽など紫外線を多く発する光源からタイヤを保護してください。
  • ●気温 :室温が高温になる場所での保管はしないよう心がけてください。また暖房や冷房用のパイプなどが直接タイヤに触れないようにしてください。
  • ●オゾンを発生させる変圧器や電流を発生させる機器、有機溶剤、 ハイドロカーボン、化学薬品 :タイヤを、オゾンを発生させる電気機器や燃料、各種化学物質のある部屋に一緒に保管しないでください。

4. タイヤの使用期間について

  • ●運転者自身による日々の点検に加え、タイヤに関する専門知識を持った販売店で定期的な点検をお勧めいたします。そして、使用開始から5 年を経過したタイヤは、すみやかにタイヤ販売店等で点検を受けて頂き、引き続き使用に適しているか確認することをお勧めいたします。
    この点検は少なくとも年1 回は受けて頂くことをお勧めいたします。
  • ●また、製造後10 年を超えたタイヤは、外観上で使用可能のように見え、法律に規定されている残溝0.8 ㎜(スリップサイン)に達していなくても、タイヤ交換をお勧めいたします。これはタイヤだけでなくチューブなども同様です(Bib Mousse など別途使用期限を定めているものを除きます)。
  • ●劣化したタイヤはウェットグリップやハンドリングなど諸性能の低下に影響します。しかし性能の劣化は時間的な経過と相関している訳ではありません。例えば変圧器の近くに駐車していると製造後間もないタイヤでもサイドウォール部にクラックなどのダメージが入ることがあります。進行状況が深刻な場合は、タイヤの性能や空気の気密保持が困難な状況も想定されます。

※ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期限(継続使用に、あるいは安全上の問題があるかもしれないことを示す時期)を示すものではありません。10年を経過していないタイヤであっても、環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、10年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお勧め時期である使用開始後5年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものでもありません。

5. 運転者の遵守事項に関するご注意

  • ●走行中は、常に走行速度に応じた車間距離を確保してください。特に湿潤路、積雪路及び凍結路走行時は充分な車間距離を確保してください。
  • ●タイヤのパターンを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、慣れるまでは走行速度等に注意して運転してください。
  • ●競技専用タイヤで一般公道を走行することはできません。

警告

  • ●新品タイヤ装着時にはタイヤが慣れるまで、100km前後の慣らし走行を行ってください。特に装着直後は、グリップ力が安定するまで、アクセルやブレーキ操作、コーナーリングは注意してください。
  • ●急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けてください。特に、湿潤路、積雪路及び凍結路は滑りやすく、事故につながる恐れがあるため、急カーブでは減速するなど、道路状況に応じた適切な運転をしてください。
  • ●走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたりした時は、すみやかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤに変形等異常がないか確認してください。また、外観上、異常がなくても、できる限り低速で移動し、タイヤ販売店へ点検を依頼してください。

6. リム組み時の注意事項について

  • ●エアーコンプレッサーの圧力調節弁はタイヤ破裂の恐れがありますので、500kPa(5.0 ㎏f/ ㎠)以下に調節してください。
  • ●ビードシーティング圧以内の空気を注入し、タイヤの両側のビードがリムのシート部に周上均等にのっていることを確認した後、使用空気圧に充てん又は調整してください。(均等にのっていない場合は一旦空気を抜き、タイヤをリムから外してタイヤ、リム等に異常が無いことを確認し、ビード及びリムに潤滑剤を再度塗布してください)

警告

  • ●モーターサイクル用タイヤの組立て時のビードシーティング圧は、350kPa(3.5kgf/cm2)とし、これを超える圧は注入しないでください。ビードシーティングとは、タイヤ組立て時に、タイヤの両側のビードがリムのビードシート部に周上均等にのった状態(ハンプ付リムは、ビードがハンプを越えた状態)をいいます。
  • ●空気を充てん後、バルブキャップを取りつける前に、バルブコアからの空気漏れ、リム部やバルブまわりからの空気漏れがないことを確認した後、必ずバルブキャップを装着してください。

危険

  • ●破裂の危険を避けるため、タイヤを安全囲いの中に入れる等、安全措置を講じた上、空気を充てんしてください。

7. タイヤの苦情検査

  • ●検査のお申し出は、ご購入された販売店にお申し付けください。
  • ●当カタログ掲載のタイヤ、新車装着タイヤ及び弊社にて輸入された製品以外のPL 苦情は補償致しません。
  • ●サーキット等、一般公道以外で走行したタイヤについて、通常の苦情対応・検査には応じかねます。別途ご相談ください。

8. その他

  • ●使用済みタイヤの処理には費用がかかります。
  • ●使用済みタイヤの不法投棄は処罰されます。専門業者に依頼するなど、必ず適切な方法で処分してください。
  • ●当カタログに記載されている製品はサイズ・構造・仕様など予告なく変更する場合があります。
  • ●市場動向の変化や天候などにより供給が遅れる場合があります。

タイヤの空気圧不足は危険です!

タイヤは、適正な空気圧(車両メーカー指定空気圧)が保たれている状態で初めて、充分な性能を発揮します。
正しい空気圧管理は安全走行の基本です。
◎ご存知ですか?空気圧は自然に低下します。
空気圧が低下すると、タイヤが偏って摩耗するばかりか、損傷を起こしやすくなり、思わぬ事故の原因に繋がります。

【空気圧不足によるタイヤの損傷】

空気圧が不足するとタイヤの負荷能力が低下します。また、タイヤの動きが大きくなるために異常発熱し、コードやゴムが劣化して、次のような損傷や現象を起こしやすくなります。

  • 1.異常摩耗(片側や両肩部が摩耗しやすい)
  • 2.はく離(セパレーション)やコード切れ

【空気圧の点検・調整】

タイヤの空気圧を確認するときは、タイヤ販売店にて、エアゲージによる点検・調整をおこなってください。

  • ①走行中は、タイヤの発熱により空気圧が高くなりますが、高くなった分は絶対に抜かないでください。タイヤが冷えると空気圧は元に戻ります。
  • ②空気圧は目視では見分けがつかいので、必ずエアゲージを使って点検してください。

【EXTRA LOAD/REINFORCED規格について】

高い充填空気圧により荷重負荷(ロードインデックス)能力ををスタンダード規格の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格のことです。この規格のタイヤサイズはスタンダード規格の同一サイズに比べ、ロードインデックスが高くなります。なお、その負荷能力を維持するためにはスタンダードロードに比べ高い空気圧が必要となります。

1. タイヤ、チューブ等の選定

  • ●自動車製作者が指定した標準タイヤ又はオプションタイヤの使用を基本とし、その他のタイヤを選定される時はタイヤ販売店等にご相談下さい。
  • ●積雪又は凍結路では、冬用タイヤを全車輪に装着して下さい。夏用タイヤは、積雪又は凍結路において、冬用タイヤに比べて制動距離が長くなります。また、冬用タイヤは全車輪に装着しないと挙動が安定しません。
  • ●全車輪とも、同一のサイズ、種類、構造、タイプ※のタイヤを使用して下さい。但し、自動車製作者又はタイヤ製作者による個別の指示がある場合はその指示に従って下さい。※タイプとは夏用タイヤ、冬用タイヤ等をいう。

警告

  • ●サイズ、種類、構造、タイプの異なるタイヤを同一車軸に使用すると、タイヤ性能が異なるため、事故に繋がるおそれがあるので混用しないで下さい。(応急用タイヤは除きます。)
  • ●リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷したり、事故に繋がるおそれがあるので、使用しないで下さい。但し、「REGROOVABLE」表示のあるタイヤで、規定された方法で加工されたものは除く。

  • ●チューブ、フラップは、タイヤサイズと同一サイズ表示のあるもので、バルブは車両及びホイールに適合するものを使用して下さい。
  • ●新品のチューブタイプのタイヤには、新品のチューブ、フラップを使用して下さい。
  • ●ホイールの選定はタイヤ販売店等に相談しタイヤサイズ及び車両に適合したホイールを使用して下さい。

2. 適正使用と日常点検

警告

  • ●タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、エアゲージにより定期的(最低1ヶ月に1度)に点検し、自動車製作者又はタイヤ製作者の指定空気圧に調整して下さい。
    自動車製作者の指定空気圧は車両の取扱い説明書、ドア付近等に表示されています。不明の場合はタイヤ販売店等にご相談下さい。
    特に偏平タイヤの空気圧不足は、見た目にわかりづらい為、必ずエアゲージによる点検をして下さい。

  • ●タイヤに、亀裂がないか又は釘、金属片、ガラス等が刺さっていたり、溝に石その他異物を噛み込んでいないか確認して下さい。異物を発見した時は、タイヤ販売店等にご相談の上取り除いて下さい。

危険

  • ●コードに達している外傷・ゴム割れのあるタイヤは使用しないで下さい。タイヤ損傷発生に繋がるおそれがあります。修理可能か否かについては、タイヤ販売店等にご相談下さい。

警告

  • ●タイヤの溝深さの使用限度は残り溝1.6mmです。それ以前に新品タイヤと交換して下さい。

  • ●高速道路を走行する場合は、タイヤの残り溝深さは次表以上であることを確認して下さい。
タイヤの種類 溝深さ
トラック及びバス用タイヤ 3.2mm
小形トラック用タイヤ 2.4mm
  • ●ホイールナットの緩み、脱落や、ホイールボルトの折損、変形等の異常が無い事を確認して下さい。
  • ●タイヤは自動車の安全にとって重要な役割を担っています。一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年(注)経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認下さい。
  • 《注:ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期限(すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期)を示すものではありません。従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、この10年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨め時期である使用開始後5年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものでもありません》
  • 注)上記は乗用車用タイヤ、小形トラック用タイヤに適用。

  • 警告

  • ●積雪及び凍結路走行の場合は、冬用タイヤの残り溝が新品時の50%以上あることを確認して下さい。使用限度は接地部に冬用タイヤの摩耗限度を示すプラットホームが露出しているか否かで判断して下さい。溝深さが50%未満のタイヤは、冬用タイヤとしては使用できません。
  • ●タイヤ損傷に繋がるおそれがあるので、車両に指定された積載量、定員を超えて使用しないで下さい。

  • ●複輪タイヤの場合は、外径差が次表の許容範囲内であることを確認して下さい。
タ イ ヤ 断 面 幅 の 呼 び 外径差(mm)
ラジアルタイヤ バイアスタイヤ
9.00(相当サイズ)以上 8以内 12以内
8.25(相当サイズ)以下 6以内 8以内
  • (注)9.00(相当サイズ)以上とはメトリック表示では255以上、
    8.25(相当サイズ)以下とはメトリック表示では245以下とする。
  • ●スペアタイヤの空気圧は、定期的(最低1ヶ月に1度)に点検し、自動車製作者が指定した値に調整してお使い下さい。
  • ●タイヤの位置交換は、車両の使用条件に合わせて、スペアタイヤも含め適正な方法で定期的に行って下さい。
  • ●タイヤサイド部に回転方向又は取付け方法等の指定があるタイヤは、その指定の通りに正しく装着して下さい。
  • ●安全走行を確保するためタイヤ点検時に合わせて、リムバルブも劣化・亀裂が無いことを点検して下さい。リムバルブに劣化・亀裂がある場合はタイヤ販売店等にご相談下さい。また、バルブキャップがついているかどうかも確認して下さい。
  • ●ホイールには、亀裂、変形等の損傷や著しい腐食がないことを確認して下さい。
  • ●瞬間パンク修理剤又はタイヤつやだし剤等で、タイヤに劣化等有害な影響を及ぼすものは使用しないで下さい。

3. 運転時の遵守事項

警告

  • ●タイヤを傷つけるおそれがあるので、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の凹みや突起物乗り越しなどは避けて下さい。
  • ●急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けて下さい。特に、湿潤路、積雪路及び凍結路は滑りやすく、事故に繋がるおそれがあるため、急カーブでは減速するなど、道路状況に応じた適切な運転をして下さい。

  • ●走行中は、常に走行速度に応じた車間距離を確保して下さい。特に湿潤路、積雪路及び凍結路走行時は充分な車間距離を確保して下さい。

  • 警告

  • ●走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、すみやかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤを点検して下さい。タイヤに変形等異常がないか確認して下さい。また、外観上、異常がなくても、できる限り低速で移動し、タイヤ販売店等へ点検を依頼して下さい。

  • ●タイヤのタイプやサイズを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、慣れるまでは走行速度等に注意して運転して下さい。
  • ●冬用タイヤは積雪路及び凍結路面性能を重視しています。乾燥路及び湿潤路で使用する場合は、走行速度に注意し、急制動、急旋回等を避け、安全運転に心がけて下さい。
ロードインデックス(荷重指数) LI:ロードインデックス
LI 一輪あたり荷重(kg) LI 一輪あたり荷重(kg) LI 一輪あたり荷重(kg) LI 一輪あたり荷重(kg) LI 一輪あたり荷重(kg)
111   1,090 122   1,500 133   2,060 144   2,800 155   3,875
112   1,120 123   1,550 134   2,120 145   2,900 156   4,000
113   1,150 124   1,600 135   2,180 146   3,000 157   4,125
114   1,180 125   1,650 136   2,240 147   3,075 158   4,250
115   1,215 126   1,700 137   2,300 148   3,150 159   4,375
116   1,250 127   1,750 138   2,360 149   3,250 160   4,500
117   1,285 128   1,800 139   2,430 150   3,350 161   4,625
118   1,320 129   1,850 140   2,500 151   3,450 162   4,750
119   1,360 130   1,900 141   2,575 152   3,550 163   4,875
120   1,400 131   1,950 142   2,650 153   3,650 164   5,000
121   1,450 132   2,000 143   2,725 154   3,750 165   5,150

●ロードインデックス(荷重指数)は、規定の条件下で、そのタイヤに負荷できる最大負荷能力(最大荷重)を示す数字です。

4. タイヤチェーン

  • ●タイヤチェーンは、タイヤサイズに適合するサイズのものを駆動輪又は自動車製作者が指定する位置のタイヤに装着して下さい。
  • ●タイヤにチェーンを装着して積雪又は凍結していない道路を走行すると、タイヤ、タイヤチェーン及び車両を損傷したり、スリップするおそれがあるので、避けて下さい。
  • ●タイヤチェーンを装着した場合は、次表の速度で走行して下さい。
道 路 走行速度(km/h)
金属製 非金属製
積雪路及び凍結路 30以下 50以下

5. リム組み時の注意事項

警告

  • ●エアコンプレッサーの調節弁は、タイヤ破裂の危険があるので、タイヤの使用空気圧に応じ、次表により正しく調 整して下さい。
  • エアコンプレッサー調節弁の最高調整空気圧
タイヤの使用空気圧区分〈kPa(kgf/cm2)〉 調節弁の最高調整空気圧〈kPa(kgf/cm2)〉
400(4.0)まで 500 (5.0)
400(4.0)超~600(6.0)まで 700 (7.0)
600(6.0)超~1,000(10.0)未満 1,000(10.0)

危険

  • ●破裂の危険を避けるため、タイヤを安全囲いの中に入れる等、安全措置を講じた上、空気を充てんして下さい。
  • ●空気充てん時又は充てん後タイヤサイドウォール部からの異音(プチプチ音)が聞こえたら、ただちに作業を中止し、避難すること。

警告

  • ●自動車用タイヤの組立て時のビードシーティング圧は、300kPa(3.0kgf/c㎡)とし、これを超える圧は注入しないで下さい。ビードシーティングとは、タイヤ組立て時に、タイヤの両側のビードがリムのビードシート部に周上均等にのった状態(ハンプ付リムは、ビードがハンプを越えた状態)をいいます。

  • ●ビードシーティング圧以内の空気を注入し、タイヤの両側のビードがリムのシート部に周上均等にのっていることを確認した後、使用空気圧に充てん又は調整して下さい。(均等にのっていない場合は一旦空気を抜き、タイヤをリムから外してタイヤ、リム等に異常が無い事を確認し、ビード及びリムに潤滑剤を再度塗布する)

  • 警告

  • ●空気を充てん後、バルブキャップを取りつける前に、バルブコアからの空気漏れ、リム部やバルブまわりからの空気漏れがないことを確認した後、必ずバルブキャップを装着し、しっかり締め付けて下さい。

6. 車体への取付け時の注意事項

  • ●ホイールを外した時には、ホイールボルト、ナット、ホイールディスク等に折損、亀裂、変形等の損傷がないことを確認して下さい。
  • ●アルミホイールからスチールホイール又はスチールホイールからアルミホイールに交換する場合、ホイールボルト、ナット(JIS方式の場合のみ交換)を専用の物に交換して下さい。
  • ●ホイールナットはトルクレンチを使用し、規定トルクで締め付けるようにして下さい。インパクトレンチで締め付ける場合は、締付時間、圧縮空気圧等に留意し、締め過ぎないよう十分注意を払い、トルクレンチでの確認等を併用して下さい。
  • ●ホイールを車体へ取付け、50~100km走行後、ホイールナットを規定トルクで増し締めして下さい。
  • ●ホイールを車体から外す時又は取付ける時は、車両のホイール取付け方式(ISO又はJIS)を確認した上で作業して下さい。

7. タイヤの保管

  • ●タイヤ、チューブは、直射日光、雨及び水、油類、ストーブ類の熱源及び電気火花の出る装置に近い場所などを避けて保管して下さい。

8. ブレーキテスター使用上のご注意

  • ●検査時にタイヤをロックさせないで下さい。ブレーキテスター上で長時間タイヤをロックさせると、タイヤ損傷に結び付く場合があります。

9. タイヤサイズ表示の見方

10. タイヤの検査

  • ●検査のお申し出は、ご購入された販売店にお申し付けください。
  • ●当カタログ掲載タイヤ、新車装着タイヤ及び弊社にて輸入された製品以外のPL苦情は保証いたしません。

ご注意

車輛総重量25トン車等のトラックには、前軸と後軸で負荷能力の異なるタイヤサイズが設定されているものがあります。負荷能力の小さい後軸用のタイヤを前軸に使用しないでください。タイヤは負荷を支えきれずにセパレーション(はく離)等の損傷を起こす危険があります。自動車メーカー指定外のサイズのタイヤを装着された場合のタイヤ損傷及び事故については当社は責任をおいかねます。

  • ■使用済みタイヤを処理するのには費用がかかっております。
  • ■当カタログに掲載されている構造、仕様などは予告なく変更する場合があります。
  • ■当カタログに記載されているタイヤ外径と総幅サイズは、予告なく変更する場合があります。
  • ■タイヤには製造番号が刻印されています。2000年以降の製造番号では、下4桁(例1214)の数字で製造年週 を示しています。最初の数字12は週(12週目)を、最後の数字14は年(2014年)を示します。1999年以前の 製造番号では、下3桁(例159)の数字で製造年週を示しています。最初の数字15は週(15週目)を、最後の数 字9は年(1999年)を示します。
  • ■同一サイズ・パターンにおいても、タイヤによりサイドウォールのデザイン(ロゴ)が予告なく変更される場合があります。
  • ■PR.LIの数値はタイヤサイドウォール上にマーキングされていない場合もあります。。
ミシュラン チューブ/フラップ対応サイズ表
トラック・バス用
タイヤサイズ 対応チューブ 対応フラップ タイヤサイズ 対応チューブ 対応フラップ
7.50R15 15/16J 15×6.00 10.00R20 20N 20×7.50
8.25R15 15K 15×6.00 11.00R20 20P 20×8.50
7.00R16 16J 150-16 14.00R20 20S 20×10.00
7.50R16 16J 16×6.50 16.00R20 20V 20×10.00
8.25R16 16J 16×6.50
8.25R20 20K 20×7.50

●チューブ/フラップは、ミシュランのラジアル専用チューブ/フラップを使用してください。

速度記号
速度記号 速度(km/h) 速度記号 速度(km/h)
E 70 K 110
F 80 L 120
G 90 M 130
J 100

●速度記号は、規定の条件下で、そのタイヤが走行できる最高速度を示す記号です。

安全に関する警告

  • ●ミシュラントラック・バスタイヤは適切な使用状況下において、最適な性能が発揮できるように設計されています。その為、タイヤのご使用に関しては、適切な使用方法を守ってください。
    不適切なタイヤ選定・装着方法・使用方法又は管理により、重大な事故発生に繋がる恐れがあります。
    適切なタイヤ選定・装着方法・使用方法又は管理に関しては、ミシュラン担当セールスにお問い合わせください。又、弊社ウェブサイトに掲載されているサービスマニュアルをご参照ください。
    http://transport.michelin.co.jp/Home/Michelin-Dealers/Tyre-Services/Service-Manual
  • 警告

  • ●タイヤとホイールの取り扱いは危険な場合があるので、取り扱いの訓練を受けた方が適正な道具を使用し、同じく適正な手順で実施する必要があります。全ての手順の解説を読み、且つ、当該手順に従わない場合、作業員または他の方の重大な怪我または死亡事故につながる可能性があります。
  • ●ホイールに組み立てられた、空気の入ったタイヤは爆発的なエネルギーを持っています。損傷タイヤ、不適合なタイヤとホイール及び部品の組み合わせ、不適正なタイヤとホイールの組み立てにより、空気充填中に爆発的な力を伴った破裂が起きる可能性があります。この破裂の際に、タイヤ、ホイール及び爆風などで、重大な怪我または死亡事故につながる可能性があります。
  • ●ランフラット(空気が抜けた状態)や推奨空気圧の80%以下の状態で使用されたタイヤ・ホイール・セットに空気を入れると、重大な怪我または死亡事故につながる可能性があります。タイヤ内部に損傷が発生している可能性があり、空気の充填中に破裂する可能性があるからです。ホイールの部品が摩耗、損傷、または適切な組み立て位置からのずれにより爆発的なセパレーションが発生する可能性もあります。
  • ●不適合なホイールとホイール部品の組み合わせでの空気充填は、重大な怪我または死亡事故につながる可能性があります。単に組み立てができるからといって、それが適合する組み合わせとは限りません。事前にそれぞれが適合する組み合わせであるかどうか調べてください。
  • ●ガソリンや軽油などの可燃性の物を潤滑剤として、シールあるいはビードを勘合させるために使うことは、タイヤの爆発やタイヤとホイールとの爆発的なセパレーションの原因となり、重大な怪我または死亡事故につながる可能性があります。タイヤ作業に可燃性のものを使用することは硬く禁止されています。
  • ●不適合なタイヤとホイール及びホイール部品の組み合わせは危険です。不適合なタイヤとホイール及びホイール部品の組み合わせでの空気充填は破裂する可能性があり、重大な怪我または死亡事故につながる可能性があります。この警告は全ての不適合な組み合わせに適用されます。明確に適合するかどうかが不明の場合、タイヤとホイール及びホイール部品を組み立てないでください。

1. 危険防止のために

空気圧充填

警告

  • ●エアコンプレッサ-の調節弁は、タイヤ破裂の危険があるので、タイヤの使用空気圧に応じ、次表により正しく調整してください。

危険

  • ●タイヤに空気を充填する作業を行うときは、破裂の危険を避けるためタイヤを安全囲いに入れるなど安全措置をしてください。

タイヤの傷

危険

  • ●タイヤに異物( 釘、ボルト、ガラス等) が刺さった場合、または溝に石、その他、異物をかんだ場合は取り除いてください。傷がタイヤ内部のコード( 繊維、スチールコード) に達しているタイヤは使用しないでください。修理の可否については専門店にご確認ください。

2. 安全維持・性能維持のために

タイヤ選択時の注意

  • ●機械メーカーが承認した標準タイヤサイズ、またはオプションタイヤサイズをご使用ください。前輪と後輪でサイズ、パターンが異なる場合があります。十分ご注意ください。

警告

  • ●種類、構造、サイズの異なるタイヤを同一軸に混用しないでください。( 例:バイアスタイヤとラジアルタイヤの混用も不可)
  • ●標準トレッド溝と深溝トレッドタイヤの複輪使用は避けてください。
  • ●摩耗度の異なる2本のタイヤの複輪使用は避けてください。

チューブ・フラップ・Oリング・バルブコアの選定

  • ●新品タイヤには、タイヤサイズ、構造に適した同一銘柄の新品チューブ、フラップをご使用ください。
  • ●傷、割れ、シワ、成長等の生じたチューブ、フラップは、パンクなどの故障の原因になりますので、使用しないでください。
  • ●リム組みのつど、ホイールに適合した、新品のOリング、バルブコアに交換してください。異物の付着または損傷、変形のあるOリングは使用しないでください

ホイールの選定

警告

  • ●ホイールは、タイヤサイズに適したものを使用し、ホイールに亀裂、変形、著しい腐食のあるもの、溶接や手直しをしたものは使用しないでください。
  • ●チューブレスタイヤには、チューブレス用ホイール、リムバルブをご使用ください。

摩耗限度

警告

  • ●すり減ったタイヤは、運動性能が低下したり、軟弱地や濡れた路面でスリップしやすくなるなど性能が劣化します。新品タイヤとお取り換えください。

走行速度の注意

警告

  • ●タイヤの種類と負荷荷重に見合った速度でご使用ください。
    詳しくはタイヤ専門店にお問い合わせください。

保管上の注意

  • ●タイヤの性能が劣化しますので、水分、油類、日光、オゾンに長時間さらす保管は避けてください。また、ストーブ等の熱源からも避けてください。
  • ●タイヤ内面に水、小石、砂、金属片、木片などの異物が入らないようにしてください。万一入った場合は、タイヤの故障の原因となりますのですぐに取り除いてください。

警告

  • ●屋外でタイヤ、ホイールを保管する場合は、幼児が入り込まないような措置をしてください。( 廃品タイヤ、ホイールについても同様です)
  • ●水平な場所に立てて置き、動かないようにしっかり歯止めをして、転がったり倒れたりしないような措置をしてください。重ね置きをした場合、装着が困難になる場合があります。

タイヤ・ホイール装着時の注意

  • ●チューブレスタイヤはビード周辺のキズなどで空気もれを起こすことがありますので、リム組み時には、必ずタイヤリム組専用の潤滑油を塗布ください。( 鉱物生グリースを使用しますとタイヤビード部の劣化を招き継続使用が困難となる場合がありますので絶対に避けてください)
  • ●タイヤ内の異物や水分によりタイヤの機能を損なう場合があります。リム組み前にタイヤ内を点検し、異物や水分を取り除いてください。
  • ●コンプレッサー内の水もタイヤ内に入ることがありますので、定期的にドレイン抜きをしてください。
  • ●使用推奨内圧が5kgf/c㎡ 以下のミシュランラジアルタイヤの場合、装着時の内圧を安全を確認した上、5.0~6.0kgf/c㎡ 迄注入し、ビードシートを完全にしてから、適正内圧に調整してください。

空気圧/ 積載に関する注意

  • ●タイヤにかかる負荷荷重に対応する空気圧(JIS D 6401, 日本自動車タイヤ協会規格などに規定) に調整してください。

警告

  • ●空気圧の調整は、タイヤが冷えているときに行ってください。空気圧に過不足があると、タイヤが故障したり、事故につながるおそれがあります。
  • ●正しい空気圧を計るためには、タイヤの使用後、最低数時間経過してから測定してください。(タイヤの冷却時間は、外気温度の条件で変わります)
  • ●過積載、偏積載はしないでください。過積載で使用するとタイヤやホイールが故障したり、事故につながるおそれがあります。

タイヤ移動上の注意

  • ●建設車両用タイヤは非常に重いため、人の力で支えようとすると思わぬ事故につながります。取り扱いには十分ご注意ください。
  • ●クレーンやフォークリフトでタイヤを移動させるときは、タイヤのビード部分をキズつけないように注意してください。

その他の注意

警告

  • ●走行中に異常な振動や音を感じた場合は、車両またはタイヤが故障しているおそれがありますので、直ちに安全な場所に停車し、点検してください。
  • ●オイルやグリース、ガソリン、軽油などが付着すると、ゴムが劣化しますので直ちに洗い落としてください。

危険

  • ●ホイールの溶接修理は絶対避けてください。特にタイヤをホイールに装着したまま溶接しますと、タイヤが故障したり、発火するなどの危険があります。

警告

  • ●リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷したり、事故になるおそれがあるので、使用しないでください。

使用上の注意

  • ●毎日始業点検を行い、空気圧、摩耗状況、外傷、故障の有無をチェックしてください。タイヤに外傷、故障がある場合には、事故になるおそれがありますので、使用できるか否かタイヤ専門店にご相談ください。

路面管理上のお願い

  • ●運搬路、積み込み、荷下ろし場所の路面の管理状態はタイヤの寿命に大きな影響を与えます。路上の落石、岩石の散乱はタイヤのカット故障やショックバースト、早期摩耗の原因となりますので、常に路面管理に気をつけてください。

リトレッド( 再生タイヤ) に関する注意

  • ●建設車両用タイヤが、使用条件やタイヤの状態によって、タイヤを再生(リトレッド等)して使用されている場合があります。しかしながら、タイヤ再生加工は適切な技術と知識及び設備を備えた専門業者によって、適切で十分な検査を行い、安全に再生使用が可能と判断された場合にのみ、適切な方法によって実施される必要があります。更に、新品寿命を終了した建設車両用タイヤは、性能及び耐久力が低下している恐れがある為、リトレッド加工されたタイヤの使用に関しては、台となる元のタイヤの使用条件を厳守し、またタイヤの日常点検をより慎重に行う必要があります。

警告

  • ●以上の理由により、弊社の建設車両用タイヤを再生加工の台として使用することは推奨いたしません。また、弊社のモービルクレーン用タイヤを再生タイヤ加工の台として使用することは、実施方法・点検状況等の如何に拘わらず避けて頂くようお願い致します。
  • ●リトレッド加工されたタイヤに関しては、その加工を行った者及び使用者の責任において使用するものであり、弊社は一切の責任を負いません。

長期経過タイヤの点検/ 交換

  • ●タイヤは車両の安全にとって重要な役割を担っています。一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法( 荷重、速度、空気圧) などに左右されますので、点検が必要です。従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5 年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。また、外観上使用可能のように見えたとしても( 溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も) 製造後10 年※経過したタイヤ( 含むスペアタイヤ) は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。尚、車両メーカーがその車両の特性からタイヤの点検や交換次期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。
  • 《注:ここに記載した10 年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期間( すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期) を示すものではありません。従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、この10 年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨めの時期である使用開始後5 年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものではありません》

3. その他の注意

  • ●使用済みタイヤは、不法投棄せず、専門業者に依頼するなど、必ず適切な方法で処分してください。
  • その他、商品の適正な使用方法については、弊社ウェブサイトをご参照ください。

1. 危険防止のために

空気圧充填

警告

  • ●エアコンプレッサ-の調節弁は、タイヤ破裂の危険があるので、タイヤの使用空気圧に応じ、次表により正しく調整してください。

危険

  • ●タイヤに空気を充填する作業を行うときは、破裂の危険を避けるためタイヤを安全囲いに入れるなど安全措置をしてください。

警告

  • ●農業機械用タイヤの組み立て時のビードシーティング圧は、最大250kpa(2.5kgf/cm2/bar)としこれを超える圧は注入しないでください。ビードシーティングとは、タイヤ組み立て時に、タイヤの両側のビードがリムのビードシート部に周上均等に乗った状態をいいます。タイヤサイドウォール部に表示してあります。

タイヤの傷

危険

  • ●タイヤに異物( 釘、ボルト、ガラス等) が刺さった場合、または溝に石、その他、異物をかんだ場合は取り除いてください。傷がタイヤ内部のコード( 繊維、スチールコード) に達しているタイヤは使用しないでください。修理の可否については専門店にご確認ください。

2. 安全維持・性能維持のために

タイヤ選択時の注意

警告

  • ●機械メーカーが承認した標準タイヤ又はオプションタイヤを使用してください。
  • ●種類、構造、サイズの異なるタイヤを同一軸に混用しないでください。( 例:バイアスタイヤとラジアルタイヤの混用も不可)

チューブの選定

  • ●新品タイヤには、タイヤサイズ、構造に適した同一銘柄の新品チューブをご使用ください。
  • ●傷、割れ、シワ、成長等の生じたチューブは、パンクなどの故障の原因になりますので、使用しないでください。

ホイールの選定

警告

  • ●ホイールは、タイヤサイズに適したものを使用し、ホイールに亀裂、変形、著しい腐食のあるもの、溶接や手直しをしたものは使用しないでください。

摩耗限度

警告

  • ●すり減ったタイヤは、運動性能が低下したり、軟弱地や濡れた路面でスリップしやすくなるなど性能が劣化します。新品タイヤとお取り換えください。

走行速度の注意

警告

  • ●急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けてください。特に、湿潤地、傾斜地、積雪路は滑りやすく、事故になる恐れがあるため急カーブでは減速するなど、使用状況に応じた適切な運転をしてください。
  • ●走行中に車輌が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、速やかに安全な場所に停車して、車輌及びタイヤを点検してください。外観上、異常がなくても、早期に販売店へ点検を依頼してください。

保管上の注意

  • ●タイヤの性能が劣化しますので、水分、油類、日光、オゾンに長時間さらす保管は避けてください。また、ストーブ等の熱源からも避けてください。
  • ●タイヤ内面に水、小石、砂、金属片、木片などの異物が入らないようにしてください。万一入った場合は、タイヤの故障の原因となりますのですぐに取り除いてください。

タイヤ・ホイール装着時の注意

  • ●チューブレスタイヤはビード周辺のキズなどで空気もれを起こすことがありますので、リム組み時には、必ずタイヤリム組専用の潤滑剤を塗布ください。
  • ●タイヤ内の異物や水分によりタイヤの機能を損なう場合があります。リム組み前にタイヤ内を点検し、異物や水分を取り除いてください。
  • ●コンプレッサー内の水もタイヤ内に入ることがありますので、定期的にドレイン抜きをしてください。

空気圧/ 積載に関する注意

警告

  • ●タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、機械メーカーの指定空気圧に調整してください。空気圧に過不足があると、タイヤが損傷したり、事故につながるおそれがあります。
  • ●正しい空気圧を計るためには、タイヤの使用後、最低数時間経過してから測定してください。( タイヤの冷却時間は、外気温や路面の温度で変わります)
  • ●過積載、偏積載はしないでください。過積載で使用するとタイヤやホイールが故障したり、事故につながるおそれがあります。

その他の注意

  • ●オイルやグリース、ガソリン、軽油などが付着すると、ゴムが劣化しますので直ちに洗い落としてください。

危険

  • ●ホイールの溶接修理は絶対避けてください。特にタイヤをホイールに装着したまま溶接しますと、タイヤが故障したり、発火するなどの危険があります。

警告

  • ●リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷したり、事故になるおそれがあるので、使用しないでください。
  • ●瞬間パンク修理剤又はタイヤのつやだし剤等で、タイヤに劣化等有害な影響を及ぼすものは使用しないでください。

使用上の注意

  • ●毎日始業点検を行い、空気圧、摩耗状況、外傷、故障の有無をチェックしてください。タイヤに外傷、故障がある場合には、事故になるおそれがありますので、使用できるか否かタイヤ専門店にご相談ください。

長期経過タイヤの点検/ 交換

  • ●タイヤは車両の安全にとって重要な役割を担っています。一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法( 荷重、速度、空気圧) などに左右されますので、点検が必要です。従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5 年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。また、外観上使用可能のように見えたとしても( 溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も) 製造後10 年※経過したタイヤ( 含むスペアタイヤ) は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。尚、車両メーカーがその車両の特性からタイヤの点検や交換次期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。
  • 《注:ここに記載した10 年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期間( すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期) を示すものではありません。従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、この10 年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨めの時期である使用開始後5 年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものではありません》

3. その他

  • ●使用済みタイヤは、不法投棄せず、専門業者に依頼するなど、必ず適切な方法で処分してください。
  • ●使用済みタイヤを処理するのには費用がかかっております。
  • ●当カタログに掲載されている構造、仕様などは予告なく変更する場合があります。
  • ●当カタログに記載されているタイヤ外径と総幅サイズは、予告なく変更する場合があります。
  • その他、商品の適正な使用方法については、弊社ウェブサイトをご参照ください。

ページのトップ